毒物の人の致死量は確かめる術がありません。理由は人体実験が必要だからです。唯一人体実験が行われ詳細なデータが残されています。ナチ・ドイツによるものです。

致死量

猛毒の人体に対する致死量

本当は、有毒物質の人体への致死量については、不明な物質がほとんどなのです。
今後、猛毒としての「ダイオキシン」について語るつもりなのですが、この「致死量」について、正しい認識がほぼなされていないので、これについて触れます。

人体に対する致死量が不明である理由は「人体実験」が不可能だからです。ただし、古くから伝わる毒物に対してはある程度分かっています。
なぜなら、実際に殺害に使用された実績があるからです。科学的(著しく命の尊厳を無視した科学として、今回限りの使用です。)データが集められたことがあります。
ナチス・ドイツによる人体実験の結果データが残されています。
致死量を求めるには、平均的標本健康人体を一つの薬品に対し大量に用意する必要があります。その薬物の量と死に至る時間のデータ収集のため、毒物投与方法別、薬品別におびただしい人体が使用されました。
統計処理が可能となる多数のサンプルがもたらす分布曲線から物質毎、摂取方毎に示されています。
この非人道行為結果のみが知る得る実際の毒物致死量です。

つまり、この悪魔のデータ以外、毒物であることが判っていながら、致死量は憶測でしかないのです。

序から過激な内容となりました。毒物を殺害と結び付けていましたので、巻き戻します。

注射器「毒」とは、生体に悪影響を及ぼす物質。と捉えると、今度は、あらゆる物質を視野に入れねばならなくなります。
尋常でない多量の砂糖を経口摂取して、身体に悪影響がないとは考えにくいし、塩分にしても、多量摂取が健康に害を及ぼすことは知られています。しかし、だからこれを毒物であるとは言えません。
しかし、人体に必須ビタミンAは、大量投与は明らかに毒物です。経口摂取、注射に限らず、触れる。吸入する。も摂取ですし、放射性物質からの放射、暴露でも広義としては摂取と言えましょう。
困るのは、この中で「吸入」です。熱帯魚や金魚などでは、水中生活ですから、その水が汚染されていると死んでしまうことは判りやすいですが、空気呼吸する私たちには、身を取り巻く空気、大気の存在をほとんど認知しません。
これが毒物である大変な事態です。

多くの動物は「酸素」が必要不可欠ですが、細胞レベルでは酸素は有毒物質なのです。
外科的消毒でオキシフル(オキシュール、過酸化水素水)で細菌を消毒しますが、細菌は身体露出細胞とともに死滅します。
これは、酸素を用いた「消毒」です。「消毒」と言う単語に注目してください。「殺菌」や「滅菌」ではありません。毒を消し去っているのです。